研修の概要

1. 臨床研修の全体像

臨床医として核医学を専門として働くためには核医学専門医の取得が必要であるが、十分ではない。PET/CT やPET/MRI など融合画像の画像診断を自信を持って施行するには放射線科診断医としての知識や経験が必要である。当科ではまず放射線科診断専門医として必要とされる研修を行い、その中で特に核医学に特化した研修を追加して行うことを勧めている。

放射線科と共同で研修プログラム実施しているが、関連病院に関しては核医学研修施設と核医学指導医のいる病院で研修を実施する。

(1)初期研修2年間Intern

1年目関連教育病院、2年目北大病院で行うことを推奨する。

(2)後期研修2年間Junior Resident

放射線科・核医学診療科の基本的な領域を研修するため、大学病院および関連教育病院で研修する。

(3)医員3年間Senior Resident

医員として大学病院に戻り、核医学を専門とする放射線科医として臨床研修を続ける。放射線科専門医(PGY-5)、核医学専門医(PGY-6),放射線科診断専門医(PGY-7)を取得する。できるだけ速やかに核医学科の大学院を受験して研究を開始する。

(4)医員3年間一8年間Clinical Fellow

専門医取得後、赴任先が決定するまでは医員(Clinical Fellow) として大学で臨床を続け、スタップを臨床面で補佐する。この期間中に学位を取得して大学院を卒業、博士研究員として大学院で研究を継続する。当科は核医学研究の世界的権威であり、提携のある外国の研究施設が豊富である。学位取得後はこれら外国の研究施設に博士研究員として留学することを勧めている。

2. 臨床研修を省略して

連携大学院に入り学位取得を優先しつつの専門医取得や、慈恵医科大学、京都大学画像診断部門で一定期間専門研修を受けることも可能である。
(要相談)。

3. 関連研修施設

旭川厚生病院、北見赤十字病院、帯広厚生病院、市立旭川病院、市立苫小牧病院、函館五稜郭病院北斗病院(帯広)、室蘭日鋼記念病院、恵佑会札幌病院セントラルCIクリニック

留学先

米国マサチューセッツ総合病院(ハーバード大学)、米国スタンフォード大学、米国カリフォルニア大学(ロサンゼルス校)、米国カリフォルニア大学(アーパイン校)、米国ジョンスホプキンス大学、米国ミシガン大学、英国ハマースミス病院、ドイツミュンへン工科大学、フィンランドトゥルク大学

4. 実績

放射線科診断専門医を修得するのに必要な症例は今後大きく変化することが予想されるが、当科では放射線診断科と共同して放射線科診断専門医を修得するのに必要な症例数をこなすことができるよう工夫している。また、特に核医学に重点をおいた研修プログラムとなっているためアイソトープ治療を含む核医学専門医に求められる研修については大学病院で十分な症例を経験できる。
現在北海道内で稼働している13のPET施設のうち9施設が関連医療機関となっている。
海外留学については、この10年間で6名の教室員が留学した。

5. 指導状況

核医学の読影には3名のスタッフと1名のフェローの合わせて4名の専門医が指導にあたる。
循環器領域の読影、負荷試験には循環器専門医が協力して核医学研修医を指導する。
治療病棟には3名のスタッフと1名のフェローが指導にあたる。
スタッフの全員が放射線科診断専門医、PET核医学認定医を有する。
現在、Senior Resident 1名、Junior Resident 2名、Intern 1 名

関連医療機関には上記専門医や認定医が常勤して、学会指定修練施設あるいは関連施設になっている。指導医あるいは専門医に欠員が生じた場合には、優先的に大学病院や他の関連医療機関から常勤医(あるいは非常勤医)を派遣され、学会指定修練施設・関連施設の資格は維持される。

研修まとめ

核医学診療科は機能画像に特化した画像診断とアイソトープ治療から成り立っている。臨床研修においては核医学のみに特化するのではなく、放射線科診断医として十分なトレーニングを行うことが重要である。北大プログラムの特徴としては核医学、放射線診断のいずれも最先端の画像診断機器を有していること、北海道内のプログラムとしては最大の指導医の人数を有するプログラムであること、核医学施設として圏内最大規模の設備を有していること、先進的な核医学治療を含むアイソトープ治療施設を有すること等がある。

兄弟講座の放射線診断科と放射線治療とも関連も深く、双方の研修を有機的に行うことで優れた医師を養成している。研究面では国内最大規模の核医学研究施設として、周囲に薬学や理工学の専門家を集め最先端の医学研究を推進している。その中で、世界をリードする先駆的研究に加わる機会も多い。また、海外留学も推奨しており、実際に多くの指導医が国際的な研究施設での経験を有する。

医局案内

お問い合せ

北海道大学大学院医学研究院
放射線科学分野 核医学教室
〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目
TEL:011-706-5152
FAX:011-706-7155
E-mail:kakui-s@med.hokudai.ac.jp